警察証明


警察証明は、日本における犯罪歴の有無を証明するものであり、外国における長期滞在、永住、就労、営業、帰化等の許可・免許等を取得することを目的として、現地の関係当局に提出する場合に申請が可能で、我が国の都道府県警察本部が発行します。なお、警察証明を日本国内で取得する場合の手続き方法などの詳細は、最後に住民登録をしていた各都道府県の警察本部にご確認ください。


発行条件

(1)日本国内に居住したことがあること(外国人も可)。
(2)提出先関係当局がその国の法規に基づき、申請者に提出を要求していること。


申請手続

申請者ご本人がご来館ください(当館で指紋を採取します)。


必要書類

(1)パスポート
(2)外国の関係当局がその国の法規に基づき申請者に対して我が国の警察証明の提出を要求していることを示す文書【注】

【注】中国での永住許可申請や就労許可申請の場合は、原則として文書の提出は不要ですが、使用目的により提出先から本証明書の提出を求められていることが確認できる文書や関連法規の写しやその和訳文が必要となる場合があります。


交付

発行された警察証明書が当館へ届き次第、申請書に記載された電話番号へご連絡します。
なお、当館で申請後、証明書を入手するまでには、約2~3ヶ月かかります。


認証手続き

通常、提出先が中国行政機関である場合、警察証明に対して(1)外務本省における公印確認および駐日本中国公館の認証(領事認証)もしくは、(2)在広州日本国総領事館における公印証明を取得する必要がありますので、提出先に認証の有無(必要な場合はどちらの認証が必要か)について事前にご確認ください。

駐日本中国大使館(総領事館)認証の手続きを申請人本人が行えない場合は、代行業者等に委任することになります。委任する方がいない場合、駐日中国大使館が認める代行機関をご案内します。

領事認証および当館における公印証明それぞれの取得の流れは、以下の通りです。

(1)領事認証(外務省における公印確認および駐日中国大使館の認証)/(2)在広州日本国総領事館における公印証明