警察証明

  警察証明は、日本における犯罪歴の有無を証明するものであり、我が国の都道府県警察本部が発行するものです。外国における長期滞在、永住、就労、営業、帰化等の許可・免許等を取得することを目的として、現地の関係当局に提出することとなります。なお、警察証明は、前述のとおり我が国警察当局が発行するものであり、日本国内における申請先は、申請者が日本国内で最後に居住していた地を管轄する都道府県警察本部となりますが、外国においては、我が国警察の窓口が存在しないため、在外公館が窓口となり申請・交付の手続を代行するものです。

  • 発行条件
  •   (1)日本国内に居住したことがあること(外国人も可)。
  •   (2)提出先関係当局がその国の法規に基づき、申請者に提出を要求していること。

  • 申請手続
  • ご本人に当館まで出頭していただく必要があります。申請後、当館から外務省経由で関係書類を日本国内の警察当局へ送付し、同警察で証明発行の上当館に返送されます。同証明の返送を受けましたら当館よりご本人にご連絡しますので、ご本人は同証明受領のため再度当館まで出頭していただくこととなります。

  • 必要書類
  • (1) パスポート
  • (2) 外国の関係当局がその国の法規に基づき申請者に対して我が国の警察証明の提出を要求していることを示す文書

  • 交付手続
  • 当館で手続きする場合は2~3ヶ月を要します(当館から外務省経由で申請書類を日本国内の警察当局へ転送され、証明が発給されます)。
    なお、提出先が公安局等の中国行政機関の場合、日本の外務省(公印認証:無料)に加え駐日中国大使館・総領事館(領事認証:有料)の認証を取得する必要があります。更に、中国語翻訳を求められる場合がありますので、提出先に認証及び翻訳についてご確認下さい。
    <参考>
    警察証明は日本国内でも取得可能です。詳細は最後に住民登録をしていた各都道府県の警察本部にご確認ください。