在外選挙に関する御案内

 海外で日本の国政選挙の投票をするためには、在外選挙人名簿への登録申請を行い、あらかじめ在外選挙人証を取得していただく必要があります。登録申請の受付は、海外での居住地を管轄する在外公館(日本大使館・総領事館・出張駐在官事務所)で行っています。

※ 広東省、福建省、広西壮族自治区、海南省にお住まいの方は、当館で登録申請をしていただくことになります。

※ これまでに行われた在外選挙での投票は、衆議院・参議院とも比例代表選出議員選挙に限られていましたが、

  2007年6月1日以降に行われる選挙から、衆議院小選挙区選出議員選挙、参議院選挙区選出議員選挙(それらの補欠選挙及び再選挙も含む)についても投票できるようになりました。

※ 在外選挙人名簿登録要件のひとつとして当館管轄地域内に3か月以上居住している必要がありますが、2007年1月1日より、居住期間が3か月未満の方でも登録申請をすることができるようになりました(これにより、当館管轄地域に到着した直後に当館窓口にて在留届を提出する際、同時に在外選挙人登録申請をしていただくことも可能となりました)。居住期間が3か月未満の時期に受け付けた登録申請は、3か月居住要件が満たされるまで当館でお預かりすることとなります。

○登録資格
以下の要件をすべて満たしている方のみ登録可能です。
■ 年齢満18歳以上の日本国民であること。
■ 日本国内の最終住所地で転出届(住民登録の抹消)を提出していること。
■ 現地に引き続き3ヶ月以上居住していること。

○必要書類
■ パスポート
■ 在外選挙人名簿登録申請書  1通
当館窓口にございます。総務省ホームページ(ここをクリック)からもダウンロードできます。
■ 在外選挙人証送付用封筒  1枚
当館窓口にございます。送付先ご住所を記入していただきます。
■ 当館管轄区域内に引き続き3ヶ月以上居住していることを証明する書類 
<引き続き3か月以上居住されている方>
住居の賃貸契約書、公共料金の領収書等(住所・氏名のあるもの)
以下の場合は必要ありません。
・中国の居留許可を取得している場合
・申請日の3ヶ月以上前に在留届を当館に提出している場合
<申請時における居住期間が3か月未満の方>
申請時の住所を確認できる書類

※ 同居のご家族に必要書類を提出していただくことも可能です(別途事前に当館に提出していただいている「在留届」の同居家族欄に記載されている方に限ります)。その場合は、あらかじめ「在外選挙人名簿登録申請書」及び「申出書」(当館窓口にございます。総務省ホームページからもダウンロードできます)を入手していただき、申請者ご本人が必要事項を記入の上、署名していただく必要があります。なお、代理でお越しになるご家族ご自身のパスポートも必要となります。

※ 在外選挙人証を紛失された方、在外選挙人証に記載の氏名・住所に変更があった方は、別途届出をしていただく必要がありますので、当館までお問い合わせください。


○在外選挙人証の発行
在外選挙人名簿に登録されますと、登録された市区町村の選挙管理委員会により「在外選挙人証」が発行され、当館経由でご本人に郵送されます。「在外選挙人証」は実際に投票を行う際に必要となります。

○投票の方法
在外選挙人証をお持ちの方は、次のいずれかの方法で投票を行っていただくことができます。

在外公館投票
大使館・総領事館(出張駐在官事務所を含む)に直接出向いて、公館内に設置された投票所で投票していただきます。在外公館投票を実施している公館であれば、お住まいの国・地域に関係なく、どこででも投票できます。投票期間は選挙の公示または告示日の翌日から公館ごとに定められた締切日までで、必要書類は在外選挙人証及び旅券(事情により提示できない場合は旅券に代わる身分証明書類)です。

■郵便投票
在外選挙人証の発行元である日本国内の市区町村の選挙管理委員会に対し、在外選挙人証を同封した封書により投票用紙を請求していただく必要があります。請求が受理されますと同選挙管理委員会から投票用紙が送られてきますので、その用紙に必要事項を記入の上(記載年月日は選挙の公示または告示日の翌日以降)、日本国内の投票日の午後8時までに投票所に到達するよう、同選挙管理委員会宛に郵送すれば投票が完了します。

■日本国内での投票
在外選挙人証をお持ちの方は、休暇や出張などで一時帰国したときに選挙が行われていた場合や、帰国後国内の選挙人名簿に登録されるまでの間(転入届提出後3か月間)は、在外選挙人証を提示することにより、次のいずれかの方法で日本国内で投票を行うことができます。

<期日前投票>
登録地の市区町村の選挙管理委員会が指定した期日前投票所における投票。
<不在者投票>
登録地以外の市区町村における投票。事前に登録地の市区町村の選挙管理委員会に
対し、投票用紙を請求し、交付を受けておく必要があります。
<選挙当日の投票>
登録地の市区町村が指定した投票所における投票。

※詳しくは市区町村の選挙管理委員会にお問い合わせください。