パスポートの各種手続

パスポートの各種手続についてご案内します。必要な情報の項目をクリックしてください。

  •  パスポートの新規発給
  •  パスポートの査証欄の増補
  •  パスポート紛失の届出
  •  帰国のための渡航書
  •  パスポート写真規格
  •  手数料
  • パスポートの新規発給


    以下の場合にパスポートの新規発給申請をすることができます。
    ① 初めてパスポートの発給を受けるとき
    ② 有効なパスポートを返納して、新たにパスポートの発給を希望するとき
    (イ)パスポートの残存有効期限が1年未満になったとき
    (ロ)査証欄の余白がなくなったとき(パスポートの査証欄の増補もご覧ください)
    (ハ)パスポートを著しく損傷したとき
    ③ パスポートを紛失したとき(パスポート紛失の届出もご覧ください)
    ④ パスポートの記載事項に変更を生じたとき(パスポートの記載事項訂正もご覧ください)

    なお、パスポートには5年有効のものと10年有効のものがありますので、申請の際どちらかを選んでいただくことになります(ただし、未成年者の場合は5年有効のもののみとなります)。



     提出書類
    • ① 一般旅券発給申請書(10年用又は5年用) 1通

      ② 戸籍謄(抄)本(発行日から6ヶ月以内のもの) 1通
      有効なパスポートを返納して切替新規申請を行う場合は原則として省略可能です。初めてパスポートの発給申請をする場合、パスポート紛失後に新規発給申請をする場合、氏名・本籍に変更があった場合には必要となりますのでご注意ください。

      ③ 顔写真(6ヶ月以内に撮影したもの) 1枚
      詳細については、パスポート写真規格をご覧ください。

      ④ 現在使用しているパスポート(有効なパスポートを返納して申請を行う場合のみ)
    • ※旅券返納留保願書
      切替申請の場合は、現在使用しているパスポートを返納(当館でお預かり)する必要があります。ただし、長期滞在者の方でやむを得ずパスポートを使用する必要がある場合は、旅券返納留保願書を提出の上、新しいパスポートをお渡しするまで現在使用しているパスポートをそのままお持ちいただくことも可能です。個別にご相談ください。
    • ⑤ 未成年者の申請であって、法定代理人の方が申請に同伴されない場合には、旅券(パスポート)申請に係る法定代理人の同意書が必要となりますので、不明な点があれば、個別にご相談ください。




     手続方法  
    • ① 申請時(原則として本人出頭が必要)
      (一)申請の際は、原則として申請者の方ご本人が当館に出頭の上、必要書類を提出していただくことになります(「一般旅券発給申請書」及び「旅券返納留保願書」については当館に備え付けてありますので、出頭時に当館でご記入いただけます)。ただし、配偶者、二親等以内の親族又はその他ご本人が指定した代理人が代わりに提出していただくことも可能です。その場合は次の点にご注意願います。
      (イ) 代理人の方が当館に出頭するのに先立ち、あらかじめ「一般旅券発給申請書」及び「旅券返納留保願書」(やむを得ない事情がある場合のみ)を入手していただき、申請者ご本人が必要事項をご記入の上、署名していただく必要があります。
      (ロ) 上記(イ)の際、「一般旅券発給申請書」の裏面の下の部分の「親族又は指定した者を通ずる申請書類等提出申出書」の欄にもあらかじめ必要事項をご記入の上、署名していただくことが必要です(ただし、申請者が未成年である場合に親が代理で申請書類を提出する場合など、代理人がいわゆる「法定代理人」である場合は、この欄への記入は不要です)。
      (ハ)法定代理人が遠隔地等に在住していて一般旅券発給申請書裏面に署名できないときは、法定代理人の署名のある「旅券申請同意書」を提出してください。
         → 「旅券申請同意書」ダウンロード

    • (二) 代理人の方は、当館との意志疎通が可能であって、かつ必要な場合には当館から申請者ご本人への連絡事項を確実に伝達できる方でなければなりません。なお、代理人の方が当館にお越しの際には、代理人の方ご自身の身分を証明するもの(パスポート、身分証等)が必要となります。
    • ② 受領時(必ず本人出頭が必要)
      パスポートの受領時には、必ず申請者ご本人が当館に出頭していただく必要があります。窓口でパスポートのICチップが確実に機能していること、及びその内容が正確であることをご確認いただいた上で、パスポートをお渡し致します。パスポート交付の際に、手数料(現金)をお支払いいただく(領収書発行)とともに、「一般旅券受領証」に署名していただくことになります。

      切替申請の場合は、それまで使用されていたパスポートは当館にて「失効」の処理を行います(パスポートの表紙から数ページにかけて「VOID」の文字の型抜きを行います)。ご希望があれば、新しいパスポートとともに失効処理した古いパスポートもお渡しいたします(パスポートの中に有効な中国のビザがあるため、通常は引き続き所持していただく必要があります)。

    • ③ 新生児の本人出頭
       新生児の申請に際しては、名前の読み方(フリガナ・ローマ字)を確認したうえで来館してください。交付時には必ず新生児を連れて来館する必要があります。



     所要日数

      土・日曜日、祝祭日による休館日を除いた3日間となります(例えば間に休館日がない場合、月曜日に申請→木曜日以降受領、水曜日申請→翌週の月曜日以降受領となります)。何らかの事情により早期にパスポートの発給を受けることを希望される場合は、個別にご相談願います。