戸籍の届出に関するご案内

• 在外公館への戸籍関係の届出
新生児の出生、婚姻などにより日本人の新たな身分事項の発生又は身分事項に変更が生じた際には、戸籍上の届出を行っていただく必要があります。通常日本国内においては事件本人の本籍地を管轄する市区町村役場に届出を行いますが、海外で身分事項の変更が生じた場合は、最寄りの在外公館(日本大使館又は総領事館)で届出を行っていただくことができます(ただし、ケースによっては在外公館で届出を行うことができない場合もあります(日本人と外国人との間の創設的な婚姻届、日本人と外国人との間の創設的な離婚届等)ので、ご注意願います。)。なお、この場合、在外公館ではなく日本国内の市区町村役場に直接届出を行っていただくことも可能です。

• 届出の期間
在外公館での戸籍関係の届出は、新たな身分事項の発生又は身分事項の変更があった日から起算して3ヶ月以内に行っていただく必要があります(戸籍法第104条第1項)。特に、日本人と外国人との間の子の出生届は、届出期間を経過してしまうと子の日本国籍は喪失し、届出を受理することができないこととなりますので、届出はなるべく早めに行っていただくようご注意ください。

 ※出生届の届出期間は出生の日から起算されます(同法第43条第1項)。
 4月10日に生まれた子の届出期限 = 7月9日


• 届出の方法
届出は、届出人が直接当館の領事窓口で行っていただくか、又は郵送により行っていただくこともできます。ただし、届出書等への記載は正確に行っていただく必要があり、記載事項に誤りがある場合などは、在外公館から届出人に届出書等を返送し、記載事項の誤りを補正していただいた上で再度郵送していただくこととなるなど時間・手間がかかることもありますので、直接当館窓口で行っていただくことをお勧めします。

• 届出事項の戸籍への記載
当館に対して戸籍関係の届出が行われますと、受理された届出は日本の外務省経由で事件本人の本籍地を管轄する市区町村役場に送付され、同役場で事件本人の戸籍に届け出事項が記載されることになります。当館に届出がなされてから本籍地の戸籍に届け出事項が記載されるまでは、通常1ヶ月半程度を要します(この期間よりも短い期間で戸籍に記載されることを希望される場合は、直接日本国内の市区町村役場に届出を行っていただくことをお勧めします)。

• 提出書類等
当館に対する届出の際に提出していただく必要書類等は次の一覧表のとおりです。各届出用紙につきましては当館に備え付けてあります。なお、本一覧表に記載されている以外の届出(養子縁組届等)の手続につきましては、別途お問い合わせ願います。
ご不明な点がございましたら、個別にご相談ください。


【出生届】
提出書類
・病院発行の出生医学証明(原本提示のみ)
・出生医学証明の和訳文  2通
備考  届出人は、嫡出子の場合は父又は母、非嫡出子の場合は母。

【認知届】(日本人男性が中国籍の子供を認知する場合)
提出書類
・認知届 2通
・戸籍謄本 2通
・病院発行の出生医学証明(原本提示のみ)
・出生医学証明の和訳分 2通
・認知される者の国籍公証書 2通
・国籍公証書の和訳分 2通
・中国人母の独身証明書(又は、当該子が嫡出でないことを確認できる書類)2通
・同上和訳文 2通
備考  届出人は父。

【認知届】(日本人男性が日本国籍の子どもを認知する場合)
提出書類
・認知届  2通
※子と父の本籍地の市区町村が異なるときは
必要通数は3通となる
・子と父の戸籍謄本各2通
備考  届出人は父。

【婚姻届】(日本人と中国人との結婚で中国での結婚登記手続を済ませている場
提出書類
・婚姻届 2通
・日本人当事者の戸籍謄本(又は抄本) 2通
・結婚公証書
※結婚証の場合は、原本提示し、写し2通 2通
・結婚相手の国籍公証書
※ただし、婚姻成立時点での有効なパスポートを所持している場合は、国籍公証書は不要(パスポートの提示のみ) 2通
・結婚公証書(または結婚証)の和訳文 2通
・国籍公証書(又はパスポート)の和訳文 2通
備考  ・届出人は当事者のうち日本人夫又は妻のみで可。
・日本人夫又は妻が従前の本籍地とは別の市区町村に新本籍を設定する場合は、戸籍謄本を除き提出書類は各3通必要となる。

【婚姻届】(日本人同士の結 婚の場合)
提出書類
・婚姻届  2通
※ケースにより必要通数は3通又は4通となる場合もある。
・夫と妻の戸籍謄本(又は抄本) 各2通
備考  ・届出人は当事者(夫と妻)双方。
・成年の証人が二人必要。

【離婚届】(日本人と中国人との離婚の場合)
提出書類
・離婚届 2通
・日本人当事者の戸籍謄本 2通
・裁判所発行の民事調解書(原本提示のみ) 2通
・民事調解書の和訳文 2通
・離婚相手の旅券又は国籍公証書
備考  ・届出人は調停の申立人。

【離婚届】(日本人同士の離婚の場合)
提出書類
・離婚届  2通
※ケースにより必要通数は3通となる場合もある。
・戸籍謄本 2通
備考  ・届出人は当事者(夫と妻)双方。
・成年の証人が二人必要。

【死亡届】
提出書類
・死亡届 2通
・病院発行の死亡医学証明又は公安局発行の死亡証明(原本提示のみ)
・死亡医学証明又は死亡証明の和訳文 2通
備考  ・遺体のまま日本に帰国する場合は、本邦での火葬(埋葬)許可との関係上、日本国内の市区町村役場で届出を行う必要がある。